PR

原優寧 寝るのは九州から名古屋までの移動中だけ【Yahooニュース】

スポンサーリンク
まとめ
  • 小学生の頃、板野友美さんからアイドルに興味を持つ
  • 小学生から中学生、高校生の頃もアイドルを好きであり、特にAKB48グループと乃木坂46の齋藤飛鳥さんに興味を持つ
  • 保育士になりたいと思っていた。
  • 高校時代演劇部に入り、最初は裏方希望だったが、少しずつ舞台にも出るようになり、大道具メインで活動していた。
  • アイドルになりたい気持ちがありながらも、自分にはなれないと思っていたが、オーディションを受けることで気持ちに区切りを付けようとした。
  • オーディションに受かるとは思っておらず、最初は辞退したが、親や友人の励ましもあり、結局SKE48に入ることになった。
  • 寝る時間は新幹線の移動中のみだった
  • 初選抜となった「好きになっちゃった」ではフロントメンバーとして参加し、江籠裕奈さんとのシンメなど、嬉しい驚きもあった。
  • DIYが好きで、将来的にはそれを仕事に活かしたり、福岡での仕事やお芝居にも挑戦したい。
  • 目標としては昇格し、ダンスやパフォーマンスの向上を図ること。
  • SKE48に入って良かったと心から思っている。今しかできないことに挑戦できていることに感謝している。

選抜総選挙が行われていた時代に上位を飾っていたメンバーが、相次ぎ卒業したSKE48。31枚目のシングル『好きになっちゃった』が発売される。新体制へ移行する中、唯一の初選抜となったのが原優寧だ。21歳ながら昨年3月に加入した研究生。大学で就活を始める前に区切りを付けるために受けたオーディションで合格し、すぐに人気を集めてスーパールーキーと呼ばれた。その足跡と現在の心境を聞いた。

https://news.yahoo.co.jp/byline/saitotakashi/20230708-00356802

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました